ANDADURAのものづくり

ANDADURAは、山本 祐介さんのものづくりのレーベルです。
現在は岡山県総社市に工房を構え、自ら手を動かし制作を続けています。

これまで革を使った商品が代表的でしたが、最近は「ビニロン」という山本さんにとって新しい素材も加わりました。

山本さんは、商品が世に出るまでの間、納得がいくまで考えて、何度も試作を繰り返します。

しかし品質に妥協しない粘り強さと責任感がある一方で、革にこだわらない、新しい素材や手法、変化に対する柔軟な姿勢があり、そのバランス感覚がよい意味で作家らしくない、ユニークな存在です。

独自の視座を持っていて、次は何をつくるのだろう?と、いつもワクワクさせてくれる作り手です。