真竹の箸箱

角物の箸入れ
真竹の箸箱

角物(かくもの)と言います

竹の部材を火で炙って曲げ、組み合わせて角型にしています。総称して角物(かくもの)と呼ばれる容れ物です。
古くはお豆腐を買いに行く豆腐かごとして親しまれたそうですが、今では専門の職人も少なくなってしまったのだとか。

真竹の箸箱

丁寧なつくり

大分の職人の方がひとつひとつ丁寧に作ってくださいました。
細部を見ると、節の向きを揃えたり、金具や節を藤巻の下に合わせて見栄えを整えるなどの配慮がしてあります。

我が家のものもまだ日が浅いですが、長く使えるものですので、経年で艶が出て飴色に育つのも楽しみですね。

016_02

箸にピッタリの大きさ

一般的な大きさの21〜23cmの箸がちょうどよく収まります。

通気性を保つためにフタはありませんが、気になる場合は晒をかぶせて使います。

大きさに余裕がありますので、箸置きやカトラリーを一緒に収めても良いと思います。(金属のカトラリーや塗り箸をお使いの場合は傷がつかないようご注意ください)

箸入れ以外にもどうぞ

箸に合う大きさではありますが、用途が決められているわけではありませんので、箸入れ以外の用途でもお使いください。

真竹の箸箱 物のはなし #16 角物の箸入れ 物のはなし #16 角物の箸入れ 物のはなし #16 角物の箸入れ 物のはなし #16 角物の箸入れ
角物の箸入れ

真竹の箸箱
※品切れの際は、次回入荷時のご予約をお受けいたします。
お問合せフォームもしくはletter@bollard.jp宛に、お名前と商品名、数量をご連絡ください。

価格 6,480円(税込)

配送方法 宅配便のみ

有料ギフトラッピングの形状(単品の場合)
箱なし、袋で包装します

サイズ
外寸 約 W25.5cm x H10.5cm x D6.5cm

※23cmの箸がちょうど入る長さです

重量 約100g

素材 真竹(大分産)

生産国・メーカー国 どちらも日本

備考
・全体的にきれいな黄色ですが、天然素材ですので節の感じや色が多少異なります。
・洗う場合には、洗った後、直射日光を避け、風通しの良い場所でよく自然乾燥乾させます。また、しばらく棚などにしまう場合には十分に乾かしてからしまってください。水分が残っているとカビの原因となります。

疑問・質問にお応えします

・ページに載っていない商品の裏側が見たい
・やかんの蓋だけの重さが知りたい

などお気軽にお問合せください。
店頭でのお買い物と同じようにできるだけ疑問・質問にお応えしたいと思っています。

お問合せフォームへ