無印良品のシリコーンスクレーパー「黒」

[ 連載 ] 仕入れられない、いいもの
無印良品のシリコーンスクレーパー「黒」

禅僧は、食事の終わりに飯碗に湯を注ぎ、ひとくち残したタクアンで飯粒をこそいで残さず食べ、器の洗浄も兼ねるそうな。
なんて美しい習慣。しかしカレーやパスタというメニューの選択肢がある私たちは、毎食時、湯とタクアンの力を借りられるわけではない。

けれど私たちには、禅僧と違い道具を使うことが許されている。
そこで活用したいのが「スクレーパー」。
鍋に残りがちなタレやソースを余すこと無く皿にとり、万が一、皿に残ってしまった炒めものの油も、これですくえば洗剤も要らないほど皿がきれいになる。ボロ布を準備する手間もいらないし、おまけにスポンジも汚れない。

スクレーパーなんて、どこにでもあるじゃないか!
ところがどっこい、それがこのサイズの「黒」がなかなか無い。
よくある白は、最も出番の多い料理ツートップである、カレーで黄ばみトマトソースで赤く染まる。
どうして白を作るんだろう・・。
次によくある赤や青の原色は残念ながら好みでない。ごめんなさい。

無印良品のスクレーパーの色展開は、黒一色。
スクレーパーの身分をわきまえた逸品。


無印良品のシリコーンスクレーパー「黒」
http://www.muji.net/store/cmdty/detail/4945247109139